Home > Diary > 交際女性のPCに粉飾指示メール

交際女性のPCに粉飾指示メール

  • 2006-02-22 (水)
  • Diary

メールって、色々な所に残るから、メールしたら最後。。どこまでも追われて結局たどり着く消えない証拠・情報として扱われるということですね。

ライブドア:堀江被告の交際女性のPCに粉飾指示メール

メール送信するまでは単にハードディスクに入っているデータだから簡単に消せるんだけどなぁ。メールとして送信しだけなのに。確かに複数のパソコンで受信したり、送った先でも、更に転送していたり、複数人で受信していたり。一度送っただけで色々なところにデータとして残る。

他のソフトは詳しく知らないけど、WinMXやAntinnyウィルスで話題のWinnyとかP2P型のソフトも一回情報流出し始めると消せない、同じですね。他人にわたった情報を制御することは出来ないし。

送信相手というか、やっぱり人を信じちゃ行けない。。。なのかなぁ。。。

IT企業には多いのかもしれないですが、NDA契約、個人情報保護法関連で、コンプライアンスプログラムの決定など色々会社でもやっていますが、こういうのあると、情報の保護ってとっても難しいですね。
あれ?そもそも、これは事件だから調べられたのか。


Comments and Trackbacks

同一タグの記事
(tag: diary)
ブックマークに追加する | 人気blogランキング | にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ | |

Home > Diary > 交際女性のPCに粉飾指示メール

Search
Track Data ..
Feeds

Page Top