IPv6 Ready! ウェブサーバをIPv6化して公開

先日の米民間団体ICANNの発表の影響でしょうか?JPNICのIPアドレス申請を受け付けているサーバが、大量にIP申請されてパンクしたようです。

そんな訳で?ここ m3a.org の自宅サーバも IPv6 Ready にしました。

IPv6 Ready

フィルタ類の動作確認のために Windows XP に ipv6 install で IPv6 環境をインストールして Teredo を使って確認。

ipv6 install

netsh interface ipv6 set teredo enterpriseclient teredo.ipv6.microsoft.com. 30

netsh interface ipv6 show teredo

それでも正しく動いているのかが不安だったので IPv6 Enabled Program に登録してみました。基本的なテストは Pass したので、IPv6 サイトとしては問題なさそう。評判はあまりよくないけど無償でRT57iのDTCPで収容出来るFeel6でIPv6です。

RT57iのDTCPだけど通信していないと切れちゃうみたいで、しょうがないので定期的にping6撃ってます。

hp ProLiant ML115 G5 を NTT-X Store で - 仮想化(ESXi or Xen)開始

また NTT-X Store で 4000 円割引やってたんで1台ゲット。金曜日に4000円引き情報をとある方のブログで知った時は在庫180台、日曜日の購入時点で100個の在庫。一人で何台も買ってるんだろうね。

この格安のは去年もやってたんだけど、AMD CPU は過去 1 度しか使ったことがなかったんで手を出さなかったんだよね、今回は他に人柱になってくれた方がたくさんいたので買いました。

クライアントとしても、もう一台買っちゃいそうだったけど電源いれた時のあの爆音はかなわないからね。あくまでもサーバ用途でね。クライアントは、今サーバとして使ってる ATX のケースと電源が余るし、W数が足りればそのまま使って自作でどうにかするつもり。もう販売停止品だから、抱えすぎても捨てるの困るしね。

NTT-X Store hp ML115 G5

購入に踏み切った理由はこんな感じ。

  • 今の最新 AMD Phenom II が unkown 認識ながら動いたという情報があってしばらく楽しめそう
  • メモリーは 16 GB まで対応しているから、とりあえず格安 non-ECC 2GB x 2 で 4GB
  • VMware ESXi が USB ブートで動くから
  • ESXi でも Smart Array e200 でハード RAID が組めるから。でも遅いらしい。
    • オンボード RAID コントローラーが動けば安上がりなんだけどな。
  • ホストは Xen ベースのどれかを使う予定。最終的には、オンボード RAID も使えるLinux OS としても、自由に使える CentOS かな。
    • Citrix XenServer Express Edition
    • Oracle VM
    • CentOS Xen
  • ホスト OS はファイルサーバ iSCSI, NFS, DNLA, SMB としても兼ねる
  • ゲスト OS に FreeBSD で公開サーバ
    • Xen で仮想化用のイメージじゃなく、物理的ディスクを直接マウント出来るらしいからそれを試す

こんな計画でい行けそうだったからです。気になるのがケースファン、がかなりの爆音らしいです。どうやって静音化をしようかな。とりあえず超格安な non-ECC メモリー、SATA ディスク、E200 128 BBWCC をゲットしなくては。 着払い限定 15,750 円が 11,750 円です。送料と代引き手数料つけて 12,170 円、これを2回の分割払い。

昨日見たときは30個くらいまで在庫が減ってたけど、今は2000円割引の在庫が80個。あともう一台を ESXi ディスクレス化のiSCSI ターゲット用として欲しいな。悩み中。

使う前に Windows Server 2003 R2 の販売終了

ろくに使わないまま Windows Server 2003 R2 の OEM 版の販売終了のアナウンス。まだ Windows 2000 Server がうじゃうじゃあるのに。

当分はダウングレード権利を使って入れる形になるだろうけど、それでも 2 段階下の 2000 までダウンロードとは。。。

そろそろ 2003 かとばして 2008 へ移行しなくちゃね。同時に仮想化も。

ファイルサーバをプライバーシーマーク取得に向けて新設

今日土曜日は、車で伊豆の国市の韮山というところまで納品に行ってきました。

最近、いやかなり前からだけど中小企業もパソコンやコンピュータは必ず導入されています。しかもインターネットへの接続も簡単になり、全てのコンピュータがネットワークへ接続されている時代。初心者ではやっぱり扱いきれないのか、作る方が対応しきれないのか情報の漏洩に騒がれる時代になってきました。便利になったのは良いんだけどねぇ。。 一回インターネット上へ出回ってしまったら、二度と取り戻しは出来ないから、これがまた大変。

国は、「個人情報保護法令」なんて法律もつくったし、さらには、その個人情報など情報を保護し管理運用している会社であることを証明するために、プライバシーマークISMSなどなど、いろいろなのが出てきました。

今では、プライバシーマークを持っていなかったら仕事も出来ない時代になってきてます。個人情報のみではなくISMSではさらに細かなところも。

勤め先のシーポイント社では、個人情報保護の第三者認証である「プライバシーマーク」や「TRUSTe」の取得支援コンサルティング、社員教育を中心に、幅広く手掛けています。

* 株式会社シーポイント
* 第1回 プライバシーマーク取得への第一歩

当然管理者のいない小さな会社では、大きなPCサーバを導入しても管理仕切れず状態になってしまい危険な状況に陥ってしまう。でも情報は保護しなければならない。しかもプライバシーマークも。

ということで、


ワンクリックで多彩なアプリケーションが簡単設置のホスティングサービス

安心、安全、高機能サーバ

【 誰でも簡単にブログが作れるレンタルサーバ 】

DRIVE  NETWORK    月額 4000 円から使えます!
┣━━━━━━━━━━━━┫     ☆容量は1GBから☆

■ブログワンクリックインストール■ XOOPS も !! ■まだまだあるよ !!

申込みは今すぐコチラから =>DRIVE NETWORK

ワンクリックで多彩なアプリケーションが簡単設置のホスティングサービス - Drive Network

Windows 20th Anniversary ( 20周年記念パッケージ )

はやいなぁ。Windowsも20周年なんですね。

Windows 20th Anniversary ( Windows 20周年 )ということで、いろいろキャンペーンやら、ツアーやら、マイクロソフトのページでやってますね。

Windows 20th Anniversary ( 20周年記念パッケージ )


20周年パッケージ
マイクロソフト米国本社を見学しよう。ツアーパッケージ
キャッシュバック
壁紙ダウンロード

などなど、いろいろ記念でやっているみたいです。

WindowsXP "Eiger"

低スペックな昔のマシンでも動かすことができる、WindowsXP "Eiger" というのを準備しているらしい。PentiumII 128MB で動作するということなので、結構昔のPCでも動きそう。