Google Apps のアカウント数が減る前に。でもアカウント競合。

Google Apps には Business 、Group 、教育機関、政府機関向け、などいろいろありますが、グループ向けの Google Apps は無償で利用できたりします。

有償版との違いとしては SLA が無かったり、25GB じゃなくて 7GB だったりと、企業向けのサポートが省かれているけど、個人向けなのですが十分なので使っています。独自ドメイン名があれば割り当て可能です。

有償を利用して貰う為だと思うのですが、このグループ向けの申し込み画面が意外とたどり着けないんですよね。作るときはいつも探しまわってます。

今回、作成できるアカウント数がまた更に減ってしまう、ということでグループ向けで作成しておきました。元々 100 アカウントくらい作成可能だったんですが、50 アカウントになり、今年の 2011年5月10日からは、さらに 10 アカウントに制限されてしまうようなのです。

Gmail のローカル配送が動いてしまうと思い、独自ドメイン名での登録をためらっていたのですが MX を向けて、更に有効化確認の作業を行わなければ外部に配送してくれてます。自信ないけど今のところね。。。(;´_`;)逆に解除のリンクもあるので、解除も大丈夫だとは思います。

自宅で動いているサーバーの災害対策ということで早速、幾つかのドメイン名で作成してみました。

進めていく途中で、メールアドレスと Google アカウントで競合の問題にぶち当たってしまいました。

  1. AdSense を使う際に、一般の独自ドメイン名のメールアドレスで申し込み
    → 自動的に Google アカウントが作成された。
  2. いつの間にか @gmail.com の Google アカウントと統合された。
    同時に AdSense には @gmail.com 側の Google アカウントでしかアクセス出来ないようになった。
  3. 独自ドメイン名で Google Apps for Group へ申し込み。
    →アカウントが競合していて管理者が作成できず、しょうがなく別のメールアドレスを管理者として登録を完了。
  4. ドメイン管理へログインして、競合したアカウントを作成してみると、作ることは可能。

どうしたらいいのぉだろうか。一応見つけた情報をメモしておきます。

とりあえず情報だけは見つけたので、対応はまだ今度やることにします。

ConnectifyでノートPCをポケットWi-Fi化

先日 PLANEX のアクセスポイント(インフラストラクチャ)モードになる無線LANアダプタを購入しましたが、ICS とかで動いていることを考えると標準で出来るんじゃない?と思い、いろいろ探していたところ、ありました。けっこう前から有るのですね。

Windows 7 では標準では Virtual Wi-Fi 機能が搭載されているとのことで、 Connectify をいれれば出来るらしいです。

ん?ということは買ったUSB無線LANアダプタって無くても出来るんじゃない?ということで、早速実験してみました。

ますは無償ツール Connectify をインストールします。途中「Registry Reviver」も一緒に入れるか聞いてきますので、そんなの要らない!と回答してインストールはすんなり完了します。

アドホックじゃない WPA2 の親機モード(インフラストラクチャモード)になるためには、無線LANチップが対応している必要があるらしく、非対応の場合はアドホックモードのみの対応になるようです。

結果的には Let's Note CF-T7 に搭載されているチップでは、アドホックしか対応が出来ませんでしたが、新たに購入した GW-USWExtreme ば WPA2 の親機モードが動作します。

ということで、買ったのは無駄にはならなかったので結果オーライ。無事に Connectify でも GW-USWExtreme をアクセスポイント化に成功しました。

ノートPCをポケットWi-Fi化

最近のデータ通信端末って無線LANアクセスポイント機能が搭載されていて、1台持ってるだけで iPhone や PC、iPad、それから PlayStation ポータブルなんかも繋げられたりするので、外出たときとかとっても便利。高速な環境が使えちゃうんですよね。

でも、自分的にはダメなところがあって、それがバッテリーです。結構、短いんですよね。。。さらに、いちいち充電しないといけないしね。

 

なんで自分はこの写真の USB 接続の端末 au DATA01 を使ってます。WiMAX です!これだったらパソコンのバッテリーがある限りは使えるからね。

さらにこの端末のいいところは WiMAX と au 3G のデュアルバンドなところ、高速な WiMAX が繋がらない地域は au 3G に自動的に切り替わってカバーしてくれます。

こんな環境をスマートフォンでも使いたい!そんな訳で、アクセスポイントモードにもなる GW-USWExtreme というUSBの無線LANアダプタをつけてみました。

これでノートPCが「ポケットWiFi」のような無線LANアクセスポイントになってくれます。

PCの電源が入っていないとWi-Fi使えないのは諦めるしかないけど、ソフトバンク3G電波が届かないところでも、LANケーブルや au 3Gで、PCがネットに繋がればスマートフォンも無線が使えます。

しばらくこんな環境で使ってみたいと思います。

内部的には PLANEX の付属ソフトが、無線LANアダプタをアクセスポイント化し、 さらに OS の ICS で NAT するようですね。アドホックでは無いです。

残念なのは、付属ソフトでのアクセスポイント化とICS設定が反映されるまでが少々時間かかるところ。もう一つは、繋がらない時もちらほら。。。PC の CPU 負荷高いと影響受けたりもします。この当たりが、ちょっと痛いですけどね。

バッファローでも同じように親機となる無線LANアダプタを売っているので、同じようなことは出来ると思います。

イベント会場とか施設内で活躍してくれるでしょう。きっと。

追記:2011年5月5日

Connectify というソフトでも試してみました。

ついに我が家のPCも6コア! PhenomII X6 1055T / 880G Extreme3

もう先月になるけど、あまりの遅さと、この夏の暑さでイライラするので買いました。

メーカーのページ見たりいろいろ迷ったけど、久々に自作です。昔、下駄を履かせて AMD K6-2 を取り付けたりしたことがあったけど、それ以来自宅で自作パソコンはご無沙汰かな。

今回は以前購入したATXタイプのマザーボードが入るPCケースがあるので、最低限必要な部品のみです。

  • CPU: AMD Phenom II X6 1055T [95W] BOX \20,700
  • M/B: ASRock 880G Extreme3 \11,980
  • RAM: CFD Elixir W3U1600HQ-2G (DDR3 PC3-12800 2GB 2枚組 ヒートシンク付) \8,760
  • HDD(データバックアップ用途): Seagate Barracuda LP ST32000542AS (2TB SATA300 5900) \9,480
  • 合計\53,451 (保険含む)

AMD PhenomII X6 1055T ASRock 880G Extream3

残りの部品は他のパソコンの部品を入れ替えたりして流用です。

  • PC ケース : バックアップサーバとして月1回使用しているPCのケースを利用
  • DVD ドライブ : ATA DVD-RW ドライブをUSB変換して流用
  • OS 起動 HDD : hp ML115 G5 に入っていた WesternDigital 160G SATA 。いずれは Intel の 120GB くらいの SSD に変更予定。
  • FDD : 不便だろうけど、ポート自体が無いから無し。困ったら USB で買う。
  • PCI-IDE ボード : バックアップサーバ (OpenSolaris) に付けていた物を流用 Promise Ultra133TX2

CPU は hp ML115 G5 で AMD CPU に手を出したのをきっかけに AMD PhenomII にしました。

マザーボードは ASUS や GIGABYTE もあったけど変態と書かれていた ASRock にしてみました。起動時のバナー画像が超ダサ格好くていいです。Black Edition の AMD CPU を買ったら凶変するんだろうか?いたって普通のレガシーフリーなマザボです。

レガシーフリーもいいけど移行組にはやっぱ IDE が無いと不便だね。後は FDD、PS2マウス、CDドライブからのアナログ音インプットが無いことに後から気がついた。

そして OS は元 PC で使っていた 32bit 版 Windows XP Professional 。。。2 万円ケチりました。後で、インストールに苦労したんだけどね。

インストール初めてみると、途中でブルーバックなダンプ画面表示でやな予感。まだ始めたばかりなので、すぐに「SP+メーカー」でサービスパック 3 と最新パッチまでを入れ込んだ ISO イメージを作り。で、出来上がった ISO サイズが 1.2 GB で DVD 決定。。。DVD-R なんて持ってないから翌日パソコンショップ行くことに。

その晩は、諦めて Windows 7 Professional 64bit Volume License 版を USB にいれてインストールしてみました。ま、Windows 7 は何の問題もなく普通に動きますね。。。。DVD-R 買いにいったら Windows 7 Pro 買っちゃいそう。。

WindowsXP の SP3 を DVD 焼いて Ultra133TX2 に IDE で DVD ドライブを接続してインストールしたのですが、Ultra133TX2 が悪いのか、インストールできない。すかさず IDE&SATA を USB に変換する格安変換アダプタを買いに行って再チャレンジ。今度は、ファイルが見つからないエラーばかりでたもののインストールは成功し。普通に OS 起動とログインまでできたけど、思った通り使い物にならず。

今度は会社で USB 接続の DVD ドライブ借りてきてインストールしたら、なんと無事インストール完了。DVD からの Windows XP Professional 32 ビット版のインストールが成功~~~しました。

というわけで、エイジングしつつ旧パソコンからの移行作業開始です。毎晩寝る前に作業して 2 週間くらいかかったのだろうか。

データは iSCSI で VMware 上の FreeNAS に繋いでいたので、つなぎ直して終わり。あとの設定は使っていきながらね。というわけでインストールはここまでです。

AMD & ASRock の組み合わせでの機能なのか、は知らないけど IES という省電力モードソフトで CPU の電圧とクロックを下げると TDP 95W な PhenomII X6 1055T でも CPU Watt 値 8 ワットなんて、本当か?っておもうようなワット数にもできたりします。

800Mhz ~ 3.3Ghz までの変調するパソコン、エコでいいかも。

というわけで、早くなってよかったです。VMware Player で仮想にいろいろ入れ始めてます。

 

au の WiMAX デュアルデータ端末を試用

去年発表されて、ようやく発売開始された au の WiMAX と CDMA のデュアルデータ通信端末。早速、KDDI の担当営業にお願いして借りました。

もちろん、定額制の DATA01 を狙っていますが、お借りしたのは従量課金版の DATA03 です。試用なのでどっちでも費用は関係ないしね。

このデータ通信端末のいいところは、au の電波範囲で利用できること。WiMAX も広くなってきたけどまだまだ、WiMAX 範囲外では CDMA2000 1x EV-DO Rev.A で通信ができます。しかも、自動でセッションを維持したまま切り替わるハンドオーバー機能も付いてるんです。

PC に差し込むと、早速ドライバーのインストールが始まって、あっという間にインターネット接続開始。スピードテストもしてみました。田舎ですが 7Mbps 、やっぱ早いですね。もともと CDMA でも十分だったけど、これだけあれば、ほんと十分。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2010/07/10 01:25:25
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows Vista/静岡県
サービス/ISP:-/-
サーバ1[N] 5.98Mbps
サーバ2[S] 7.10Mbps
下り受信速度: 7.1Mbps(7.10Mbps,888kByte/s)
上り送信速度: 4.0Mbps(4.09Mbps,510kByte/s)

あと W05K とクティオやPHS300を組み合わせて使っているので DATA03 が使えるかも検証してみました。

  • DATA03 (WiMAX 自動切り替えモード) + クティオ
  • DATA03 (WiMAX 自動切り替えモード) + PHS300
  • DATA03 (CDMA 1x WIN 固定モード) + クティオ
  • DATA03 (CDMA 1x WIN 固定モード) + PHS300

結果は、全て撃沈。

PHS300 も海外のメーカーのページから最新ファームと WiMAX 対応 4G 版のモデム定義もダウンロードしてきて入れ替えたりしましたが、予測はしてたけどダメですね。使える気配がないです。

QNAP TS-550 Pro を買って VMware ESXi と接続

前から気になっていた QNAP の NAS を購入してみました。比較的あたらし目の機種で TS-550 Pro にしました。

  • QNAP TS-550 Pro × 1 台
  • ST31000528AS (1TB 500GBプラッタ 7200rpm) × 6 本 (内 1本予備)

さすがにニアライン版の HDD は倍の値段するので普通版、昔から好きで使っている Seagate です。あのファームウェア事件の後も使ってますよ。

買う前までは、結構不安だったのですが、箱、マニュアル、緩衝材、付属品など、いろいろしっかり作られていて、使う前から結構一安心。

まだ箱を開けて間もないのですが、設定は簡単ですでにばりばりに使ってます。まずはテストで負荷掛け気味でね。

電源を入れて、まずは RAID の初期化が動いたのですが、まずここが時間かかりました。その後、RAID のリビルド?。これまたリビルドも結構時間がかかります。リビルド最中に激しく操作したためか勝手に再起動?(やな予感) 再度 0% からリビルドになっちゃいまました。。。追求したいところだけど、この時点では終わるまで我慢で触るの止めときました。

QNAP TS-550 Pro TurboNAS

無事リビルドが終り、こんな形で遊んでます。

  • VMware ESXi と NAS 接続
  • VMware ESXi と iSCSI 接続
  • Windows Server と iSCSI 接続
  • マイパソコンから CIFS 接続

QNAP 側は LACP 設定して 1GbE を束ねて 2 本で hp ProCurve に接続。

簡単手間いらずな NAS のできあがり、良くできてますね。あとは障害時のテストとか RAID6 にしてみたりホットスペアを付けてみたり、これからしばらくテストかな。

Skype for Asteriskを1チャンネル買って使ってみた

Digium 社からリリースされたばかりの Skype for Asterisk を1チャネルだけ購入して使ってみました。

Skype for Asterisk(SfA) は何かというと、電話(PBX)と Skype アカウントをつなぐ役目みたいな物です。SfA を使うと、Skype アカウント宛の通話を電話機で受けられ、わざわざパソコンのSkypeで受けなくてもよくなります。これだったら仕事の電話窓口として実用的ですね。

さらに Skype-Out や Skype-In を組み合わせれば、050 の番号の発信受信も出来るのでプロバイダーが提供するIPフォンのサービスを使わなくてもSkypeの050番号で、電話料金の節約にも使えたりします。

  • Skype アカウント着信 → Asterisk (オフィスの電話)
  • Asterisk (オフィスの電話) → Skype アカウント に発信

有償の Skype-In や Skype-Out を使って。

  • Skype-In 番号着信 → Asterisk (オフィスの電話)
  • Asterisk (オフィスの電話) → Skype-Out 番号で発信

こんなことができます。

この情報を見つけるのに手こずったのですが、普通に Skype で取得したアカウントは使えないようで、まずは、ビジネスアカウントの管理画面上でアカウントを新規追加する必要があります。Digium 社のページを探し回ってようやく見つけました。

後は Asterisk 側に chan_skype.conf などを設定して読み込めば、新規取得したアカウントが常時サインインされた状態になってます。

2 channel 分のライセンスを購入しておけば、自宅にかかってきた電話を別の Skype に転送なんてことも出来そう。

PHS300とau W05KはEX111-AUで接続出来た

モバイル用の無線LANアクセスポイントだと CMR-250CMR-310クティオPHS300 といろいろ発売されているけど、どれも au がサポートが無いんです。ま au は ExpressCardCF スロット品しか販売されていない訳なので当然といえば当然なのですが。

W05K はモデム定義やドライバーが無くても標準モデムでそのまま使うことも可能なので、W05K を USB 接続化して接続さえできれば使える可能性がある。さらに PHS300 のサポートページを見ると ExpressCard の記載もある。であれば、AT コマンドが使えて海外での ExpressCard の実績がある PHS300 だったら動くかも。ということで買って試してみました。

W06K も発売されてるけど使ったこと無いので判りません。イーモバイルみたいにドライバーインストール用のドライブがアサインされたりするのだろうか。

購入したのはこちらの2点。

まず結果ですが、AT コマンドを入れることで問題なく接続が行えました。

au 独自の ATDT ダイヤルコマンドとISP認証情報を追加するだけです。手順はイーモバイルや docomo 品は使ったこと無いので判らないですが、他の AT コマンドが必要な機種の手間と変わらないと思います。

  1. AT コマンドを使えるようにするためには、まずファームウェアのバージョンアップが必要でした。
    (新品を買ったのに結構古いファームウェアが入っているんですね。速攻バージョンアップしたので過去のバージョンいくつだったか忘れちゃいました。もしかするとすでに SCRIPT 入力出来るバージョンだったかも。)
  2. 「MODEM」→「SETTING」→「MODEM SPECIFIC SETTINGS」の「AT Dial Script」テキストボックスへ au のダイヤルに必要な AT コマンド「ATDT*99**24#」入力して設定保存。
    (Dial Script 無しも試したけど、PPP ... エラーとかなんかエラーメッセージが表示されてダメでした。)
  3. ISP への接続ユーザとパスワードを入力。
    APN とかは空のままで、とにかく必要なのは、AT コマンドとユーザとパスワードだけ。

これで無事接続が出来ます。

  • 勤め先の会社 (浜松市中区) 付近は goo スピードテストで 0.88 Mbps (夕方)
  • 自宅 (浜松市東区) 付近は goo スピードテストで 0.97 Mbps (23時頃) (1Mbps もちらほら見えたけど3回の平均値。)

使った感触としては直接 PC に W05K をつないだのと同じ程度の速度。もともとイーモバイルとかの速度にはとうていかなわないので、繋がれば満足です。

au 携帯のパケットだけを W05K の無線LANに移動させて、HT-03A や iPod touch や HTC Hero、ソニエリの Android なんかを使ってみようと思ってケチケチ通信準備中です。けど、かさばりそうな小物が増えるんだよね。。。

Bluetooth のステレオヘッドセットを交換

かなり前に買った Bluetooth の Platronics M2500 ワイヤレスヘッドセットだけど、バッテリーがいかれたのか電源ケーブル接続じゃないと動かなくなったので捨てた。

で、今回交換したのは Platronics Voyager 855

最近は bluetooth プロファイル次第でステレオやらリモコン操作も対応できるようなので、携帯やパソコンのヘッドセットとしてだけではなく、Google 携帯とか iPhone とかの対応も考えてこれに決定。

携帯専用だったらデザインも格好いい Plantronics Voyager 925 なんだけど、ステレオしたかったので止め、高いしね。

初めはバイクにもって考えてたけど、やっぱバイクにはバイク専用品だね。いちおう以前購入したナビ XROAD RM-A4000 とペアリングしてみたけど、成功。問題なく使用できました。