純正エキパイ取り付け・光軸調整・車検予約

純正のエキパイ取り付け完了

ふー。やっと純正のエキパイ装着完了です。

苦労すると思ってた純正エキパイの取り付け、すんなり終わって良かった。それでも3時間かかったんだけどね。でも、ほんと片づいて良かったよ。

次は、光軸調整の準備。

まずは、ヘッドライトのトリムを取り外します。中から出てきた純正のトリムがめちゃくちゃ汚ねー。ここで純正のトリムを磨きに入っちゃいました。錆びを取りながら力入れてやってたら 30 分くらいのロス。

しかし、カバー付けると中はこんなに汚くなっちゃうんだね。定期的に中も掃除しないと錆び錆びになっちゃうんだろうな。

つぎは、新車で買った時についてきた本を参考に、レンズの中心までの高さと、ガレージの壁がわの高さを平行になるように調整します。

サイドスタンド状態でヘッドライトの高さまでを測ったからとってもアバウト。ガレージの壁までの距離は 12 フィート。これだけの距離となると、当然バイクはガレージからはみ出してしまって、ガレージ入り口の段差も考慮しないといかんくなります。

さらにアバウトになってきたけど、準備が出来たので、いざ測定。

実際に壁に宛ててみると、光が散乱してドコが中心かわかんないではないか。。。。

レンズの中心部に指を宛てて、壁に写った影を頼りに中心部を合わせて、終わり。

こんなアバウトじゃダメだろうな。。。けっこう高確率でNGくらいそうな気が。。。

定期点検記録簿

ここから拝借した書類を印刷して、一つ一つチェック。。。。。。とはいかなかったけど、大まかにチェックしました。でも、自分自身でチェックするわけだから、命に関わりそうな所は念入りにしないとね。

車検終わってからオイル交換しないとな。オイル交換も自分でチャレンジしてみます。

車検の予約

インターネットの「自動車検査インターネット予約システム」ページから車検の予約をしました。

午前の第1ラウンドをどうにか予約完了です。

車検って結構混んでるんですね、1 週間後まで予約いっぱいでした。この時期だけなんだろうか。

  1. ハーレーのユーザ車検に挑戦 - まずは準備
  2. 独立管の取り外し完了 - Dual Back Header System

前へ

独立管の取り外し完了 - Dual Back Header System

次へ

ある日突然の電話とあっという間のロッカーC納車 - FXCWC