タグ「mobile」が付けられているもの


ConnectifyでノートPCをポケットWi-Fi化

先日 PLANEX のアクセスポイント(インフラストラクチャ)モードになる無線LANアダプタを購入しましたが、ICS とかで動いていることを考えると標準で出来るんじゃない?と思い、いろいろ探していたところ、ありました。けっこう前から有るのですね。

Windows 7 では標準では Virtual Wi-Fi 機能が搭載されているとのことで、 Connectify をいれれば出来るらしいです。

ん?ということは買ったUSB無線LANアダプタって無くても出来るんじゃない?ということで、早速実験してみました。

ますは無償ツール Connectify をインストールします。途中「Registry Reviver」も一緒に入れるか聞いてきますので、そんなの要らない!と回答してインストールはすんなり完了します。

アドホックじゃない WPA2 の親機モード(インフラストラクチャモード)になるためには、無線LANチップが対応している必要があるらしく、非対応の場合はアドホックモードのみの対応になるようです。

結果的には Let's Note CF-T7 に搭載されているチップでは、アドホックしか対応が出来ませんでしたが、新たに購入した GW-USWExtreme ば WPA2 の親機モードが動作します。

ということで、買ったのは無駄にはならなかったので結果オーライ。無事に Connectify でも GW-USWExtreme をアクセスポイント化に成功しました。

ノートPCをポケットWi-Fi化

最近のデータ通信端末って無線LANアクセスポイント機能が搭載されていて、1台持ってるだけで iPhone や PC、iPad、それから PlayStation ポータブルなんかも繋げられたりするので、外出たときとかとっても便利。高速な環境が使えちゃうんですよね。

でも、自分的にはダメなところがあって、それがバッテリーです。結構、短いんですよね。。。さらに、いちいち充電しないといけないしね。

 

なんで自分はこの写真の USB 接続の端末 au DATA01 を使ってます。WiMAX です!これだったらパソコンのバッテリーがある限りは使えるからね。

さらにこの端末のいいところは WiMAX と au 3G のデュアルバンドなところ、高速な WiMAX が繋がらない地域は au 3G に自動的に切り替わってカバーしてくれます。

こんな環境をスマートフォンでも使いたい!そんな訳で、アクセスポイントモードにもなる GW-USWExtreme というUSBの無線LANアダプタをつけてみました。

これでノートPCが「ポケットWiFi」のような無線LANアクセスポイントになってくれます。

PCの電源が入っていないとWi-Fi使えないのは諦めるしかないけど、ソフトバンク3G電波が届かないところでも、LANケーブルや au 3Gで、PCがネットに繋がればスマートフォンも無線が使えます。

しばらくこんな環境で使ってみたいと思います。

内部的には PLANEX の付属ソフトが、無線LANアダプタをアクセスポイント化し、 さらに OS の ICS で NAT するようですね。アドホックでは無いです。

残念なのは、付属ソフトでのアクセスポイント化とICS設定が反映されるまでが少々時間かかるところ。もう一つは、繋がらない時もちらほら。。。PC の CPU 負荷高いと影響受けたりもします。この当たりが、ちょっと痛いですけどね。

バッファローでも同じように親機となる無線LANアダプタを売っているので、同じようなことは出来ると思います。

イベント会場とか施設内で活躍してくれるでしょう。きっと。

追記:2011年5月5日

Connectify というソフトでも試してみました。

自分の携帯も 800Mhz 帯再編の対象だった

au から 800Mhz 帯の再編成に伴う終了のお知らせが「重要なお知らせ」郵送で届きました。

IC カードだから大丈夫!と思って安心してたけど、しっかり使えなくなる対象でした。

一部「CDMA 1X WIN」のau ICカード対応機種

に該当するんでしょうか。。。

パケットは HTC Desire (X06HT) を使ってるので、W51CA は電話専門。既に3年半使って傷だらけだけど電池の持ちもかなり良くって、電話しなければ2、3日程度は持ちます。まあ、さすがに電池のふたをセロハンテープで留めたりしてますが、ほかは電話機としてはなにも問題無いんですよね。

電波自体は 2012 年 7 月 24 日まで再編成されるので、それより前には交換しなくては。

あと1年半あるけど、ntt docomo へ MNP だった場合は年割りの関係で来年の 1 月か 2012 年の 1 月のタイミング。

さてどうしようかな、メモ。

  • CA005 (ポイントと、今回の案内での割引ある。ヒンジ部分が結構不安。さらに動作がもっさり。)
  • WiFi-WIN 運用 + ダブル定額スーパーライト + HTC Desire テザリング案
    • CA006
    • IS03
    • IS06
  • ntt docomo MNP
    • プラスエリアあるけど X06HT じゃ対応出来ないしな。
    • ダブル定額 & X06HT スマホで 1 万円コース。
  • 忘れてたけど LTE au か docomo、Softbank 対応機種

au の WiMAX デュアルデータ端末を試用

去年発表されて、ようやく発売開始された au の WiMAX と CDMA のデュアルデータ通信端末。早速、KDDI の担当営業にお願いして借りました。

もちろん、定額制の DATA01 を狙っていますが、お借りしたのは従量課金版の DATA03 です。試用なのでどっちでも費用は関係ないしね。

このデータ通信端末のいいところは、au の電波範囲で利用できること。WiMAX も広くなってきたけどまだまだ、WiMAX 範囲外では CDMA2000 1x EV-DO Rev.A で通信ができます。しかも、自動でセッションを維持したまま切り替わるハンドオーバー機能も付いてるんです。

PC に差し込むと、早速ドライバーのインストールが始まって、あっという間にインターネット接続開始。スピードテストもしてみました。田舎ですが 7Mbps 、やっぱ早いですね。もともと CDMA でも十分だったけど、これだけあれば、ほんと十分。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2010/07/10 01:25:25
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Windows Vista/静岡県
サービス/ISP:-/-
サーバ1[N] 5.98Mbps
サーバ2[S] 7.10Mbps
下り受信速度: 7.1Mbps(7.10Mbps,888kByte/s)
上り送信速度: 4.0Mbps(4.09Mbps,510kByte/s)

あと W05K とクティオやPHS300を組み合わせて使っているので DATA03 が使えるかも検証してみました。

  • DATA03 (WiMAX 自動切り替えモード) + クティオ
  • DATA03 (WiMAX 自動切り替えモード) + PHS300
  • DATA03 (CDMA 1x WIN 固定モード) + クティオ
  • DATA03 (CDMA 1x WIN 固定モード) + PHS300

結果は、全て撃沈。

PHS300 も海外のメーカーのページから最新ファームと WiMAX 対応 4G 版のモデム定義もダウンロードしてきて入れ替えたりしましたが、予測はしてたけどダメですね。使える気配がないです。

iPhone 4 発売日ですね

iPhone 4 発売日ですね。当日組の方、予約組の方、無事ゲットできました?

自分は前から Android なので買わない予定です。でもやっぱり気になります。

今は au 1台、softbank 2 台、とまあ一人で携帯 3 契約してます。X06HT が wifi テザリングできればなーとか、iPhone の SIM フリー版で desire と入れ替えかなーとかiPhone 所有に向けて妄想してはいますが、iPhone の本体代金もあるしね。気になるけどスルー気味です。iPad も。

iPhone 4 じゃ無いけど、僕のはこんな感じ。

  

HTC Sense はすぐ電話ボタン押してしまって嫌なので Froyo 風。カバーはノンブランドのクリアケースで、裏はスモークっぽくなってます。

 

Home ボタンで 5 画面分表示、それとショートカットが置けたりします。

ソフトバンクの android 携帯 X06HT (HTC Desire) 購入

以前、海外のオンラインショップで購入した HTC Hero は ROM の書き換え、実際には RADIO 側の書き換えをした際に突然電源が落ち、brick と化してしまったんです。

それから数ヶ月。。。さらに au の android を期待したけど今回は的外れ、docomo の Xperia は見送り。

そしてようやく購入したのがソフトバンクの X06HT (HTC Desire) です。発売日当日の購入で android が手元に戻ってきました~。

Desire は Hero と同じ HTC Sense という UI のついているのが特徴ですかね。Hero とは比べたらいけないけど、早くなって良い感じです。

docomo の Xperia という選択肢も有ったのですが、どちらもじっくり触ってみた結果 Desire にしました。電波の部分ではプラスエリア対応のある docomo が良いんだけどね。

Desire にした理由はこんな点です。

  • ノーマル状態で Xperia より早かった
  • 握った感触が、小さくて持ちやすい
  • おそらく HTC オリジナルに近い形で OS が出るため、2.2 更新も早いかも~?
  • root (システム内部の権限) にたどり着くかも~?
  • そして ROM 書き換えが出来るかも~?

と、まあ ROM 書き換えを懲りずに期待はしています。

基本 android なので Xperia も Desire も変わらないんだけど Desire にしました。

早速インストールしたのが twicca BETA、Simeji、FxCamera、K9-Mail、Advanced Task Manager かな。

あとは Sense UI の「電話」ボタンをすぐに触ってしまうので他のランチャーに入れ替え。いまは ADW がお気に入り。

b-mobile SIM をワンタイムデビットで購入

JNB で Visa デビットのワンタイムデビットおためしキャンペーンをやってたので b-mobile の 1 ヶ月分を申し込んでみました。

ただ、後で気がついたけど 5,000 円以上がキャンペーン条件だったんだけどね。

Visa デビットは、銀行口座と直結で即引き落としされるサービスで、VISA が使える店だったら利用出来る機能です。昔イーバンクがやってたやつのネット専用版ね。

JNB のワンタイムデビットは、1 回限りの使い捨てクレジット番号の Visa デビット機能です。

ようは銀行から即引き落としされて1回だけの使い捨てVisaクレジットカード番号って感じです。

これだったらネットで不安な海外とかで買い物するとかに便利ですね。

というわけで更新申し込みも出来るようになったので b-mobile SIM U300 を 1 ヶ月だけ使ってみようかと思います。。4 月 27 日に届くかな。

あ、別に b-mobile の購入申し込みフォームが不安だった訳では無いんだけど。。

カスタムロム CKDroid 1.5 は HTC Hero で Live Wallpaper

入れたばかりの CKDroid でしたが、プラットフォームが 2.1 ベースにアップグレードされた CKDroid 1.5 が出たので早速焼いてみました。さらに 1.5.1 いれてちょっと不安定、1.5.2 までアップグレードで安定中。

Nexus One に入っている Live Wallpaper と同じ「ネクサス」というライブ壁紙が入っていたのですが、動かず。残念。でも他のは体験できた。

2.1 になったので、若干重たくなった感じがしますが、まだ使える早さです。耐えられるとかじゃなくて。

  • モデル番号: CKDroid 1.5
  • ファームウェアバージョン: 2.1
  • ベースバンドバージョン: 63.18.55.06JU_6.35.09.26
  • カーネルバージョン: 2.6.29-8d063048 htc-kernel@and18-2 #1236
  • ビルド番号: 2.1 ERD79 eng.jnw.20100121.175933 test-keys

ブラウザがマルチタッチのブラウザに変わったのと、android マーケットの表示が日本語表示になって無料という文字が出てきた。有料も有るのかなと思って探してみたけど、見あたらず。英語の時も FREE という表示だから、漢字になっただけだよね。

カメラが少し不安定だけど一応3Mピクセルで動くかな。

さらに Kugadroid や VILLAIN も入れたり出したり、ってことで、バージョンアップも飽きてきました。遅くなるらしいからやりたくなかったんだけど、APP2SD とかやってみようかな。それとも Nexus One か。Xperia か。フラッシュ欲しい。

カスタムロム CKDroid 1.4 を HTC Hero に焼いた

Xperia X10 が docomo から発表されましたね!Google Nexus One とか Motorola Milestone いろいろ出てきてるけどもう少し我慢我慢。

今度焼いたカスタムロムは CKDroid で 1.3e を焼いた後、さらに 1.4 までアップグレードしました。

このロムは Live Wallpaper が使えます。ビュンビュンぐいぐい壁紙が動いていい感じですが、いつの間にか、もとの壁紙に戻ってしまったりします。まあ、ちょっと楽しめたので、これでいいです。

 

あと、この ROM は軽くていいですね。

1.3e あたりでは root が使えなかったり、simeji が強制終了してしまったりという症状があったけど 1.4b (1.4c) になったらいい感じ。simeji、twicca が使えています。

  

それとギャラリーがなんだかすごいのが入っていました。軽いロムなのでそれなりに使えるギャラリーです。

  

 

HTC SenseUI の下へスクロースすると解除されるロックスクリーン以外に、Nexus One に搭載されているタイプと、今回の CKDroid で出てきたタイプを見たことがあるのですが、ロックスクリーンの違いによるバージョンの関係が分からない。バージョンとは関係ないのだろうか?

  • モデル番号: CKDroid 1.4
  • ファームウェアバージョン: Eclair
  • ベースバンドバージョン: 63.18.55.06JU_6.35.09.26
  • カーネルバージョン: 2.6.29-8d063048 htc-kernel@and18-2 #1236
  • ビルド番号: Eclair ECLAIR eng.aosp.20100113.221745 test-keys

各バージョンはこんな感じです。

    

今のところのお気に入りかな、この CKDroid 。次が Hero AOSP 2.0.1-r6 。ある程度早くて新しい機能が使えればオッケー!

やっぱ Espress Hybrid、Hero21 とかは 1Ghz CPU の端末が欲しくなりますね。

カスタムロム Hero/Espresso Hybrid - v1.2 を HTC Hero へ

HTC Hero の Espresso Hybrid という ROM を入れてみました。

起動しても HTC の SenseUI なので画面はデフォルトの Hero と同じ画面でぱっとしません。だけど 2.1 Eclair なので新しい Android Market が使えるようになっています。

 

まずは More Locale 2 で日本語化なのですが、Japanese を選択すると全て□表示になってしまいます。フォントが入っていないようですね。adb shell で繋げて見てみると /system/fonts に DroidSansFallback.ttf ファイル自体も入っていようなので、入れてあげれば無事日本語表示になりました。

 

  • ファームウェアバージョン: 2.1
  • ベースバンドバージョン: 63.18.55.06JU_6.35.09.26
  • カーネルバージョン: 2.6.29-8d063048 htc-kernel@and18-2 #1236
  • ビルド番号: 20091203 Hero_Generic_WWE #
  • ソフトウェアナンバー: espresso-hero-hybrid-1.1-eclair
  • ブラウザバージョン: WebKit 3.1

Android Market で DroCap2 や twicca BETA などのアプリが出てこないのはなぜなの?2.0.1 ではなく 2.1 だから?このあたりのバージョンとかの違いがいまいちよく分からないんだよね。

twicca がないので、以前使っていた Swift App for Twitter で少し。

あとカメラのタイムスタンプ、どの ROM でもタイムスタンプが画像に刻印されているけど消せないのだろうか。

早さは Hero デフォルトの 1.5 Cupcake と同じ位なのかな。HERO21 - Community release v1.8 はかなり遅かったイメージがあるのでそれを考えると耐えられるかも。アプリを開発しているわけでもないのに、なぜそんなに ROM を入れ替えるのか?ただ、早くて楽しくてかっこいい、そんなすてきな ROM に出会えたら、そんな感じ探してます。という意味では外れかな。

このまま何度かカスタム ROM を入れているうちに Nexus One が手元に来ていたりするんだろうな。

DroCap2 と ddms.bat で HTC Hero の画面キャプチャ

僕の Android 携帯のキャプチャです。

root が必要な DroCap2 入れてキャプチャを撮ってみました。他に振って動くアプリを使ってことが無かったので、モーションセンサを使ってキャプチャできるのもおもしろいですね。

正月に HTC Hero の 1.5 (Cupcake) のロムから、いろんなカスタムロムに切り替えて過ごしていたのですが、最終的に [DEV] Hero AOSP 2.0.1-r6 という Eclair のカスタムロムで落ち着いています。話題の Google Nexus One と同じプラットフォーム 2.1 (Eclair) なので、すこしは我慢できるかも。とっても買いたいけど。

WiFi のみの運用で SIM のエラーが表示されるので解約済みの銀 SIM を入れて使ってます。その関係で SoftBank でも (通信サービスなし) 表示になってます。

貼った画像は ddms.bat で撮ったキャプチャです。壁紙は愛車のハーレー。

正月休みに HTC Hero のカスタム ROM 4 種類を書き込み

10月に HTC Hero が届いてからずっと純正の ROM でがんばってきたけど、1.6 対応アプリが増えてきたので我慢出来ずにカスタムロムに手を出しました。

オープンソースな OS (ROM) は自由にカスタムができるので、いろいろ出回っていて、今回の正月休みに試してみたのは以下の 4 種類の ROM です。

携帯の OS が入れ替えられるって良いですね、これだけで結構楽しんでます。正月はパソコンをほとんど使わず HTC Hero で過ごしてました。

手順のメモ

  1. fastboot で起動 (出来ず)
    • 自分の HTC Hero は HBOOT 1.76.0007 (HERO10000) という HBOOT が入っていて fastboot を使って USB 接続したパソコン側からブートすることが出来きませんでした。
  2. flashrec を純正 ROM のまま apk をパッケージでインストール
  3. flashrec を実行して、リカバリーイメージをバックアップ&書き込み
  4. 一度電源を切り、HOME+電源で起動
    • 無事に リカバリーイメージが書き換わったことを確認
  5. nandroid を使って既存の純正 ROM を SD カードへバックアップ
    • 付属していた SD カードが壊れたり消えたりしたら困るので SD カードのバックアップ
    • 新品の SD カードへ切り替え
  6. SD カードにカスタムロムの *.zip や RADIO を入れて、Recovery イメージから書き込み。
    • DoMoCa ROM の時は RADIO も書き換え。
    • たいしたことやっていないのでアプリ設定やデータは全て再設定です。
  7. 一度出荷時の ROM と出荷時の RADIO に戻るかを試しておいて。
  8. あとはカスタムロムをばしばし書き込み。

HBOOT を 1.76.0004 へ書き換える必要があるかと思っていましたが、結局ずっと 1.76.0007 のまま ROM の書き換えは出来てるようです。

今日の夜 1 月 6 日は米 Google から Nexus One の発表がありますね。日本時間だと 3 時からでしょうか。遅いので明日起きてから見てみようと思います。

au W05K + PHS300 から W05K + クティオへ乗り換え

モバイル通信で au W05K を使っているのですが、クティオ が W05K に対応したので PHS300 から乗り換えです。

クティオはなんと言っても CF カードをそのまま挿せるところ。

前までは、PHS300 + EX111-AU-USB + au W05K という環境だったのですが、見た通りかさばるんですよね。PHS300 の設定が吹っ飛ぶ症状や、ExpressCard を USB に変換する黒いアダプタも接触不良になってしまったりと、いろいろ悩ませる端末なんですよね。

HTC Hero もクティオも USB mini B 充電なので、PHS300 の時に購入した MPP-100 外付けバッテリーも共用で使ってます。クティオは miniB の USB ケーブルのアサインが違うようなので注意が必要らしいのですが、充電は出来てるんだけど。。何がうまくいかないのだろうか?

今回のクティオの W05K 対応でスッキリしました。

HTC Hero には SoftBank 銀SIM が挿してあるんだけど、入れとくとついつい APNdroid で切り替えて使ってしまうので、今回は完全に WiFi で使うように抜きました。

追記:電源問題の症状、検索してみました。まあ僕には今のところ問題無いのですが、市販の miniB USB 充電器の場合は充電しながら使うと充電器側の出力不足で止まってしまう症状のようです。

W05Kのファームウェア更新でPHS300でも

HTC Hero の為に用意した PHS300 ですが、PHS300 の接触不良なのか、突然電源が入らなくなったりて、イラってします。でも、電池の接触部分やUSBのコネクタ部分をこすったり叩いたり乱暴に扱ったら、調子良く動くようになりました。海外品は力任せに限ります。

そうそう、今日KDDIからW50Kの通信最適化ソフトウェアが更新されたので早速アップデートしました。

トラフィック制御が行われた場合でも、快適に利用できるようになる。同社では、「ユーザーからの意見を踏まえ、基準を見直した。制御対象となった場合、従来と比べ、スピードアップを体感できるのではないか」としている。

PCカード側のソフト(ファームウェア?)の更新なので、PHS300で通信する速度も最適化されそうですね。

今までは、ブラウザのタブを複数開くと切断されたりでトラヒック制御されてましたが、一気に複数のリンクを連打して後で読むことが確かに出来るようになりました。その影響か早くなったような気がします。

実は、もっと早く出来るんじゃない?>KDDI

ソニエリ Rachael 発表かな。

2009年11月3日にソニエリ発表ついに Rachael が出るっぽい。

みんなこの端末待ってるみたいだね。auはスマートフォン端末の発表無しだったから、来月11月10日のdocomoの新モデル発表にソニエリ Rachael が入って欲しい。

海外では 20 機種以上も Android 端末が出てるけど、日本では docomo の HT-03A が唯一の Android 端末。日本の市場には取り入れにくいんですかね。

Google Android 携帯 HTC Hero ゲット

HTC Hero というヨーロッパの方で売られているケータイをゲットしました。

docomo からでている HT-03A と同じメーカーの機種違いです。docomo HT-03A も実はメーカー側の名前は HTC Magic として売られてます。

Google Android Phone HTC Hero

元々はソフトバンクの iPhone とドコモの Google ケータイ (HT-03A) を迷っていたのですが、いろいろ調べているうちに Android に惚れました。HDN の taku さんが GDP1 (Google Deelopper Phone 1) を無料でゲットした記事にも触発されて一気に加速。

この携帯はSIM ロックフリーの携帯なので日本だと docomo と SoftBank の USIM カードが使えます。

ハーレーの監視で使っているSoftBank携帯のUSIMカードがあるので、コレを使っています。

僕が手にしたHTC Heroで選択可能な言語としては英語(English)、チェコ語(Cestina)、ポーランド語(Polski)です。Googleなら世界中の言語が選択できるのかと思ったけど、標準じゃ出来ないんですね。

HTC Hero

Custom Locale というアプリを入れて、すべてではないけど、僕レベルでもどうにかなる程度までは日本語化が出来ています。この画像の画面だと一番下が英語のままですね。あと説明とかは英語がほとんどですね。分からん英語とかは、えいっ!って進んでしまったりするけど、まあ、今のところ困ることないです。

もしもしの電話については docomo や SoftBank の契約料金で普通に使えるけど、ネット通信とかのパケットが難関です。うまくやらないとパケ死する可能性があって、実際に情報を探してみると数十万の請求がきたという事例もあるようなので注意しないとね。

もちろん無線LANを使えば無料なので、自宅も会社も無線LAN、移動中もPHS300 & au W05Kを使って無線LANです。

購入したのは日本語サポートの 1shopmobile で、Google checkout で購入です。こんどアクセサリー品を Clove で購入してみようかとおもいます。

10月1日に香港のショップから到着して今までで導入したソフトです。どれも星がたくさん付いているので定番物ばかりだと思います。

  • Custom Locale
  • Swift Twitter App
  • KtaiMode
  • TwitterRide
  • QRコードスキャナー
  • Androids Aroud 2
  • Steel
  • Locale
  • Sipdroid
  • Compass
  • Free Advanced Task
  • APNdroid
  • FxCamera
  • 朝日新聞 Reader
  • Opera Mini
  • Skype Lite Beta
  • OpenWnn フリック入力
  • twidroid for twitter

SDK をダウンロードしたので、ROM の入れ替えとかもチャレンジしてみたいです。まずはバックアップ方法を入手しなくては。

Skype for Asteriskを1チャンネル買って使ってみた

Digium 社からリリースされたばかりの Skype for Asterisk を1チャネルだけ購入して使ってみました。

Skype for Asterisk(SfA) は何かというと、電話(PBX)と Skype アカウントをつなぐ役目みたいな物です。SfA を使うと、Skype アカウント宛の通話を電話機で受けられ、わざわざパソコンのSkypeで受けなくてもよくなります。これだったら仕事の電話窓口として実用的ですね。

さらに Skype-Out や Skype-In を組み合わせれば、050 の番号の発信受信も出来るのでプロバイダーが提供するIPフォンのサービスを使わなくてもSkypeの050番号で、電話料金の節約にも使えたりします。

  • Skype アカウント着信 → Asterisk (オフィスの電話)
  • Asterisk (オフィスの電話) → Skype アカウント に発信

有償の Skype-In や Skype-Out を使って。

  • Skype-In 番号着信 → Asterisk (オフィスの電話)
  • Asterisk (オフィスの電話) → Skype-Out 番号で発信

こんなことができます。

この情報を見つけるのに手こずったのですが、普通に Skype で取得したアカウントは使えないようで、まずは、ビジネスアカウントの管理画面上でアカウントを新規追加する必要があります。Digium 社のページを探し回ってようやく見つけました。

後は Asterisk 側に chan_skype.conf などを設定して読み込めば、新規取得したアカウントが常時サインインされた状態になってます。

2 channel 分のライセンスを購入しておけば、自宅にかかってきた電話を別の Skype に転送なんてことも出来そう。

au W05K を YAMAHA RTX1200 に繋げてみた

EX111-AU-USB を使って USB に接続出来るようになった au W05K を YAMAHA RTX1200 で認識出来るか繋げてみました。

RTX1200 - EX111-AU-USB - W05K

結果はモデムとして認識されず、残念。ここは素直に諦めます。

# show environment
RTX1200 BootROM Ver.1.00
RTX1200 Rev.10.01.11 (Wed Apr  1 17:03:44 2009)
# show log reverse
2009/09/11 18:11:02: [USB_HOST] Ready to detach USB device safely
2009/09/11 18:10:00: [USB_HOST] USB communication device is attached
2009/09/11 18:10:00: [USB_HOST] device attached : vendor=0x10c4 , product=0x8391 
# show status usbhost
Host controller:           Running
usb1
Bus power feed:            ON
Attached device            Not attached
# show status usbhost
ホストコントローラ:     動作中
usb1
給電:                   ON
接続中のデバイス:       接続されていません
# show status usbhost modem
Status:             can't find MOBILE DEVICE
FCS Error:          0
Transmitted:        0 byte
Received:           0 byte
CALL IN:            0
LAST CALL
    NO CALL
# show status usbhost modem
通信状態:           MOBILE DEVICEが接続されていません
FCSエラー:          0
送信数:             0 byte
受信数:             0 byte
着信回数:           0
最近の接続
    まだ接続はありません
# execute at-command usb1 AT
SEND [AT]
Failed
# show log reverse
2009/09/11 18:23:57: [USB_HOST] device detached : vendor=0x10c4 , product=0x8391 
2009/09/11 18:11:02: [USB_HOST] Ready to detach USB device safely
2009/09/11 18:10:00: [USB_HOST] USB communication device is attached
2009/09/11 18:10:00: [USB_HOST] device attached : vendor=0x10c4 , product=0x8391 

PHS300とau W05KはEX111-AUで接続出来た

モバイル用の無線LANアクセスポイントだと CMR-250CMR-310クティオPHS300 といろいろ発売されているけど、どれも au がサポートが無いんです。ま au は ExpressCardCF スロット品しか販売されていない訳なので当然といえば当然なのですが。

W05K はモデム定義やドライバーが無くても標準モデムでそのまま使うことも可能なので、W05K を USB 接続化して接続さえできれば使える可能性がある。さらに PHS300 のサポートページを見ると ExpressCard の記載もある。であれば、AT コマンドが使えて海外での ExpressCard の実績がある PHS300 だったら動くかも。ということで買って試してみました。

W06K も発売されてるけど使ったこと無いので判りません。イーモバイルみたいにドライバーインストール用のドライブがアサインされたりするのだろうか。

購入したのはこちらの2点。

まず結果ですが、AT コマンドを入れることで問題なく接続が行えました。

au 独自の ATDT ダイヤルコマンドとISP認証情報を追加するだけです。手順はイーモバイルや docomo 品は使ったこと無いので判らないですが、他の AT コマンドが必要な機種の手間と変わらないと思います。

  1. AT コマンドを使えるようにするためには、まずファームウェアのバージョンアップが必要でした。
    (新品を買ったのに結構古いファームウェアが入っているんですね。速攻バージョンアップしたので過去のバージョンいくつだったか忘れちゃいました。もしかするとすでに SCRIPT 入力出来るバージョンだったかも。)
  2. 「MODEM」→「SETTING」→「MODEM SPECIFIC SETTINGS」の「AT Dial Script」テキストボックスへ au のダイヤルに必要な AT コマンド「ATDT*99**24#」入力して設定保存。
    (Dial Script 無しも試したけど、PPP ... エラーとかなんかエラーメッセージが表示されてダメでした。)
  3. ISP への接続ユーザとパスワードを入力。
    APN とかは空のままで、とにかく必要なのは、AT コマンドとユーザとパスワードだけ。

これで無事接続が出来ます。

  • 勤め先の会社 (浜松市中区) 付近は goo スピードテストで 0.88 Mbps (夕方)
  • 自宅 (浜松市東区) 付近は goo スピードテストで 0.97 Mbps (23時頃) (1Mbps もちらほら見えたけど3回の平均値。)

使った感触としては直接 PC に W05K をつないだのと同じ程度の速度。もともとイーモバイルとかの速度にはとうていかなわないので、繋がれば満足です。

au 携帯のパケットだけを W05K の無線LANに移動させて、HT-03A や iPod touch や HTC Hero、ソニエリの Android なんかを使ってみようと思ってケチケチ通信準備中です。けど、かさばりそうな小物が増えるんだよね。。。