タグ「photo」が付けられているもの


SONY DSC-RX100M2 買った

久しぶりにカメラ購入したよ!

今回のカメラは SONY DSC-RX100M2 で 1 型裏面照射 CMOS 搭載。
これならコンデジで綺麗なボケも楽しめそうです。

値段は愛知県の三星カメラで価格は10年保険を付けて 64,000 円

NFC と Wi-Fi 付きで、簡単にスマートフォンに転送できるし、これは楽しい。

エア・フェスタ浜松2010

浜松航空自衛隊で毎年10月に開催される航空祭(エアフェスタ)、今年も行ってきました。

去年は、米軍アクロバットチームのサンダーバーズでしたが、今年は航空自衛隊のブルーインパルス

僕の一眼、いざフォーカスあわせてシャッターを切ろうとすると エラー E 表示。。。。たぶんレンズ側だと思うけど壊れてる~~~。これがまた結構イライラするんだよね。。。

自分、戦闘機にはあんまり興味は無いけど、案外ハーレー乗りが見に来ててそっちの方が興味があったり。。。あとブルーインパルス、もう少し迫力あると良いんだけどな~。

っていうか、被写体、遠いー。。。。それと息子の運動会もあるから、それに備えてもっと望遠が欲しいかな。。。

hp ProLiant ML115 G5 の写真 / また値引き中

また 4,000 円引き中で \15,750 - \4,000 = \11,750 と更に送料無料とのこと。

iSCSI したいし、もう一台購入しようかな。しかし、このサーバどんだけ大量の在庫があるのだろうか、まだまだ出てきそうな感じ。

外側。

   

AMD マーク。初めてかと思ってたけど、昔、CPU だけ AMD-K6 に交換して使ってたっけ。

中身。

この奥に見えるケースファンが爆音。交換せずに使ってるけど、忘れてて再起動すると超ビビる。

  

USB メモリースロットと SATA コネクタが 6 個。

メモリー追加後2.5GB搭載。

Nikonフォトコンテストの作品募集が開始される

いままで全く興味の無かった世界だけど、応募してみようか。

全体のテーマ「At the heart of the image」で、募集部門は「自由課題」と「My Planet」。世界規模でやるんだから、ひょっとしたら間違っちゃって入選なんてこともないだろうな。ここは実力で入選だね。

写真はド素人だけど、今一番かわいい11ヶ月の息子の写真だったら良い線いくかも。決まりだね。作品募集開始は9月1日からなのでまだ期間はあるし、いい写真撮らなくちゃ。いい顔してくれよ陽翔!

よし D3 ゲットするぞ。

SIGMA DP1 が気になる - SAMPLE IMAGE GALLERY

どっかのブログ記事で見かけて知ったんだけど、デジカメ SIGMA DP1 のサンプル画像が掲載されたみたい。

SIGMA DP1

28mm(35mm換算)相当の広角単焦点デジカメ。このカメラの発表は、かなーり前にされたんだけど、いつまでたっても発売されずなのに、なぜか評判が良かったんですよね。サンプル見てみるとコンデジなのにめちゃくちゃ綺麗。さすが高いだけの事はあります。

以前から欲しかった RICHO DR Digital II とか Caplio GX100 とかも良いけど、この SIGMA DP1 もいいな。

部屋の中とか不得意かもしれないけど、僕の持ってる PENTAX Optio 750Z の後継ぎとしては最高な機種。

WIndows Live フォトギャラリーで画像合体!パノラマ写真に!

2年前に六甲山から撮った夜景です。2枚に分けて撮った夜景をWIndows Live フォトギャラリーで合体してみました。やり方は簡単で2枚の画像を選択して「作成(M)」から「パノラマ写真の作成(E)」を選択するだけ。後は勝手にうまい具合にくっつけてくれます。

六甲山からの神戸の夜景

ちなみに、本画像は↓のページの下の方にある画像。

六甲山からの神戸の夜景

こっちの画像は去年石川県の先っぽの珠洲市まで VIBES ミーティングに行ったとき、朝起きてすぐの 6 時ぐらいに取った写真です。

たぶん、画像処理を扱ってる仕事してる人にとっては、昔からある技術だろうけど、簡単に合体できて僕はお気に入り。手作業じゃとってもぴったりくっつかないしね。

そうそう、この WIndows Live シリーズ。Live Writer、Live フォトギャラリー、Live メール。メール以外は便利に使ってます。Google の Picasa2 と Windows Live フォトギャラリーはどっちも好きなんだけど、できればそれぞれの良い機能を合せたいところです。

最近話題の Eye-Fi

コレ Eye-Fi 欲しいです。海外のネットショップでしか販売されていないようで、インターネットを通じて海外から購入するしかないみたいなんだけど。購入はどうにか出来るみたいなのでOKってことで。

Eye-Fi

前提として無線LANが使える場所じゃないと使っている意味がないんですが。どんなところが有るのだろうか。

あまり公衆向けの無線LAN施設のある場所には行かないから、自宅か会社。使う場所としては、たぶん自宅オンリーだろうな、必要ないか。

どこかのページで見た情報では、日本の免許も取ったようなことも書かれているから、いずれ日本でも発売されるのかな。それまでに、用途でも考えてみようかな。

ついにデジ一仲間入り Nikon D80 18-135 レンズキット

「Nikon D40x」の生産終了の発表がされてすぐの1月19日。ついに初のデジ一「Nikon D80」を購入~。もちろん息子の写真を撮るためにね。

Nikon D80 18-135 lens kit

各社、新型の発表が相次いだので、購入早々型落ちになってしまうんじゃないかとリリース情報をチェックしまくって大丈夫だろうとD80を決断したんだけど、結局今回のタイミングでは後継機種は無し。20日に D80 と VR 18-200 のレンズキット発売。1月29日にレンズとD60の発表と、D80を購入してしまった僕には結構冷や冷やさせるリリースが続きました。

たぶん秋くらいにD80の後継機種が出るんじゃないかという噂もあるし、今回は大丈夫でも、すぐに型落ちになっちゃうんでしょうね。でも、息子の今を撮るためだし、今無くっちゃ。

これから、息子の写真をたくさん撮って、デジ一の世界を楽しんできたいと思います。

誕生日にコンデジかデジイチを。 - GR Digital II リリース

ををっー。GR Digital の後継モデル GR Digital II が出た。やっぱイイ値段するね。コンデジにするんだったらやっぱし GR Digital みたいな 1/1.8 型 CCD のカメラがいいんだけどな。今使ってる 750Z って手振れ補正が無くって、お爺さんにはつらい。暗い時は三脚ないと撮れないし。

リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」の後継モデル「GR DIGITAL II」を11月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。2005年10月に発売したGR DIGITALと同じレンズの採用や、ほとんど変わらないボディデザインなど、GR DIGITALの多くのコンセプトを継承した。一方で、RAW撮影時の処理時間やレンズの動作音など従来の不満点を改善している。

10月30日で、33 歳になったことだし。デジタル一眼レフなんて手を出してみようかな。もっちろん小さいころからの息子の綺麗な写真を撮るため。いいんじゃない?

一眼レフの中での候補は、今の所 Nikon 勢。

  1. Nikon D80
  2. Nikon D40
  3. Nikon D40x

この Nikon を選んだのは、良く行くカメラやさんのお店の人が Nikon が好きらしく、Nikon をおすすめしてるから。あとは、単純に「キムタク」が宣伝してたから。

コンデジは、Canon 。

  1. Canon Power Shot G9
  2. Nikon COOLPIX P5100
  3. RICOH GR Digital II

やっぱ赤ちゃんはハイビジョンで撮らないと!AVCHD vs HDV

赤ちゃんの誕生も近いので、今回はビデオカメラ探しです。

最近売ってるビデオカメラって保存メディアの種類が多ですね。買ってから後悔はしたくないし、いろいろ調べました。

毎月貯金を削って生活してい状態なので予算はほんの少し、でも赤ちゃんだけは綺麗に撮ってあげたい。ということで条件はこんなところ。

  • 高画質で保存
  • 長時間録画可能なメディア
  • 電池の持ち時間
  • 当然、予算はほとんど無し、安ければ安いほど良い
  • AVCHD 再生できる機器は持っていない
  • 今持ってるパソコンのスペックは Pentium4 2GHz 程度
  • 親戚でも見られるように普通のDVDプレイヤーでも見たい (でも、出来なきゃ出来ないで、困らないんだろうな。)

ビデオテープのスペックで保存メディアについて調べてみると、保存形式は大きくは 2 つのようです。

  • AVCHD
    • SD カード
    • HDD
    • 8cm DVD
    • Memory Stick
  • HDV
    • MiniDV テープ

AVCHDを検索してみると、新しく出たばっかりの規格だけあって各メーカーからも多くの新製品が発表されてくるし、AVCHD がいいジャンって思えてきます。

Wikipedia AVCHD~ AVCHDは、8センチDVDの記録容量でも十分な高画質の動画が撮影できるよう、高効率符号化が可能なMPEG-4 AVC/H.264方式を使い、音声にはドルビーデジタル (AC-3) 方式(LPCM:オプション)を採用、多重化にMPEG2-TSを用いている。 AVCHDでは、従来のHDV規格などのように1つの記録メディア向けの規格ではなく、ファイルシステムを介して、複数の記録メディアをサポートできるように設計されている。 

Panasonic HDC-SD3
Panasonic HDC-SD3 (SD)

Sony HDR-UX7
Sony HDR-UX7 (8cm DVD)

個人的な視点から AVCHD の欠点を集めてみました。

  • 8cm DVD は高画質モードでの時間が 30 分程度で短い
  • HDD だといっぱいになったときに移動先メディアが必要
  • DVD は記録が光なだけに気を遣う
  • HDD は精密なだけに衝撃に気を遣う
  • SD は未だ高い。移動させるにしても移動先メディアが必要
  • SD の安い 8GB とかも有るみたいだけど、そういったSDカードは書込失敗など有るらしい
  • AVCHD は MPEG-2 変換に高スペックの PC が必要
    (AVCHD をそのままメディアへ移動する場合は PC が高スペックである必要は無い)

気になったところはこんなところだけど、新しい製品の割に多くなってしまいました。良いところを揚げるといくらでも出てきそうなので探しませんっ。そういうのって良いのは分かるんだけど、予算が無いのにお金かかるからね。

 

HDVはというと、保存メディアは MiniDV テープのみ。

Wikipedia HDV~ HDV(エイチディーブイ、High-Definition Video)は、従来のデジタルビデオカメラで利用されているDVカセットテープに、同等のビットレートでHDTV映像を記録するための記録方式の規格名称である。 映像の圧縮方式にはMPEG-2を採用している。DVでは映像フレームを1枚ずつ個別に圧縮する方式を用いているが、HDVではMPEG-2のフレーム間予測を利用することによって、DVと同等のデータ量でのハイビジョン記録を実現。これによって、SD映像に比べ、情報量が格段に多いハイビジョン映像でありながら、DVと同じ記録時間を確保できた。 記録メディアには従来のデジタルビデオカメラで使用されているDVカセットテープないしMiniDVカセットテープを使用する。

Sony HDR-HC7
Sony HDR-HC7 (MiniDV)

Canon iVIS-HV20
Canon iVIS-HV20 (MiniDV)

HDV も欠点になりそうな所を探してみました。

  • MiniDV テープだと、なんだか時代遅れの様な気がしてならない
  • MiniDV は長期保存に向かない様な気がする
  • MiniDV テープは60分や80分テープがあるが、がかさばるかも
  • インデックス機能が無いので、みたい映像の検索に時間がかかる
  • 巻き戻し時間がかかる

HDV については利点もいろいろと。

  • AVCHD より綺麗らしい
  • MiniDV テープは安い
  • セミプロ向けのビデオカメラは MiniDV テープが使われているからマニアックっぽい
  • MiniDV テープの表示時間と同じ時間の高画質映像が撮れる
  • iLink で PC 取り込み可能。DVD が作れる。
  • HDMI、D端子、iLink でハイビジョンは問題なく見られる
  • AVCHD、HDV どちらもパソコンでの表示は高スペックが必要だろう
  • Blu-ray か HD-DVD を買ったら Disc に変換できる

いろいろあげたけど、HDV - MiniDV テープが我が家にはお似合いのような気がしたんで HDV にします。最後は、MiniDV テープ版のある Canon の綺麗と SONY の操作性。Canon のポインタのスティックを親指で操作するのも、慣れれば簡単だと思うけど、30分くらい交互に触っていたら Sony かも。って思ったので HDR-HC7 に決定です!