アマゾンWebサービスAPIを電子署名の認証へ変更

8月15日から Amazon Web Services の API が電子署名を使った認証へと変更になるわけですが。この対策をやって置かないと API へのアクセスが出来なくなってしまいます。なので、やっと変更を行いました。

この時期までくるとネット上の皆さんは既に対応を行っていて使えるコードもありますので、それを使っちゃいます。というか Perl 版で誰かがやってくれるのを待ってました。

というわけで、よく見ているこちらのサイトから proxy するための Perl のソースをいただきました。